有限会社 山勝建材

屋根工事、屋根リフォームから、雨漏り補修・雨樋(雨どい)・外装修理まで|
三重県四日市市 有限会社 山勝建材

HOME»  屋根材について

屋根材について

■瓦屋根の特徴

瓦屋根の特徴

 

日本古来より伝わる屋根で、材質は陶器や石、セメントがあります。バリエーションも多く、

■和瓦 ■洋瓦 ■平瓦 ■セメント瓦 ■金属瓦

等があげられ、色合いや製品の均一性が取れているので、
屋根の仕上げ材として使用されています。

この瓦屋根に関しての、良し悪しは下記にまとめましたので、どうぞご参照下さい。

 

○良い点

●維持費が比較的安価な点
●対候性に優れている点
●色落ちなど、見た目の劣化が製品上少ない



 
 

×悪い点

●屋根重量が増える点
●補強を行わないと地震のゆれに弱い
●家屋の形状が複雑だと、施工が難しい



 

 

■金属屋根の特徴

金属屋根

 

ガルバリウム鋼板を基材とする金属屋根は、現在は工場など大型施設にとどまらず住宅にも広く活用されています。

耐久性は表面塗膜によるものが主ですが、最近では塗膜も発達してきており、耐久性も伸びています。

●葺き方
■立体葺 ■横葺 ■段葺

●嵌合(つなぎ)の方法
■ボルト式 ■ハゼ式

 

○良い点

●屋根材として非常に軽量
●複雑な屋根の形状にも対応可
●塗膜の技術が伸びているため、 高寿命になってきている



 
 

×悪い点

●メンテナンス費用がかかる
●音響・熱にかんして問題がある



 

 

■着色化粧平板スレート

着色化粧平板スレート

 

住宅の仕上げとしてよく使われる屋根材で、「軽量」で「錆びない」という特徴から、潮風にさらされる海辺の土地でよく使用されています。

また、屋根材の重量としても軽いので、仕上げにもよく使用をされる屋根材でもあります。

以前はアスベストが問題となりましたが、現在は改良が施されています。

 

■アスファルトシングル葺

アスファルトシングル葺

 

防水の屋根材となり、表面に砂が付いていることが特徴です。施工が容易で、個人の方でも施工を行っていらっしゃる場合もおおく見掛けます。

ただ維持管理として、正しい管理を行わないと劣化速度を著しく速めてしまうという特徴があるため、注意が必要です。

 

■スレート屋根

スレート屋根

 

以前の工場などの施設の屋根として、よく用いられていた屋根材です。

近年ではアスベストによる環境問題より、金属にて改修を進められている屋根でもあります。

傷むと、スレート材に蓄積した水分よりコケが生えたり、緊結したボルトの部分から雨漏りを起こしたりします。

 

■瓦屋根メーカーリンク

kmew

 

株式会社福原商店

 

三州野安株式会社

 

株式会社鶴弥

 

丸栄陶業株式会社

 

SEKISUI

 

■全瓦連リンク

一般社団法人全日本瓦工事業連盟

       

 

お問い合せ

お問い合わせ